浜松市で整体やマッサージとはひと味違う、カイロプラクティック善のBlog

2010.04.26  おかんも坐骨神経痛かい

院長曽我です!

今回の実家帰りは、母親がどうやら坐骨神経痛になってしまったらしく
その治療もかねて帰ってきました。

坐骨神経痛の人が最近すごい多い。

特に皆さんが口をそろえて言うことは、

「なーんか…右足(左足)だけ張ってきて揉んだり叩いたりしたくなるのよ」

です。

それは神経症状の始まり!

それが1週間以上続く場合は、ただの筋肉痛とは言えません。

腕や手も一緒のことで、カラダの警報装置がピコンピコン発令し始めています。

神経症状の始まりとは、
最初に筋肉に張りが出てきます。

それが進むと、鈍痛(だるやみ)になり、
時には夜中なんかにこむら返りがよく起きるのもこの段階。


さらに進むと、痛みとなり、

さらには、しびれが出てくる。

しびれが慢性になると、今度は感覚が鈍くなります。(知覚鈍磨)

そして力が入らなくなって、動かせなくなる(運動麻痺)

すべてが規則正しく段階を追うわけではないですが。

母親も早い段階で治療ができたので治療後は、

「あーさっきより全然いいね」

翌日も、
「だいぶ気持ち良くなったよー」

ということで、
楽になって、喜んでもらえて良かった!

動けんくなっていろいろ出来んくなってもらっちゃー困るし悲しいですからね。

親孝行バンザイやーーヽ(^o^)丿

静岡県浜松市でカイロ、整体、マッサージをお探しならカイロプラクティック善へ

投稿者 カイロプラクティック善 (09:46) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :