トップ>施術の流れ

施術の流れ

施術の流れ

1.来院
予約の5~10分ほど前にはお越し下さい。
あまりギリギリになりますと、こちらも心配してしまいます。
入口を入ったらまずスリッパに履き替えていただき、ソファに腰掛けてお待ちいただきます。
わかりずらいようで、そのまま入ってしまう方が時々いらっしゃいますが、土足厳禁でお願いします。


2.カルテ記入
ひとりひとりカルテをお作りしますので、お名前・ご住所など記入してください。症状などの詳しいことは、後ほどお伺いします。
こちらの準備が整いましたらお呼びしますので、ベットへ移動します。
施術をしていく上で必要であれば、着替えをお願いする場合があります。
※Tシャツ・ハーフパンツをご用意してあります
※着替えはご自分でお持ちいただいても結構です。更衣室をお使いください。


3.問診
症状や痛み・不快の状態などお伺いしていきます。
お仕事内容や生活習慣などもいろいろと質問させていただきますが、どうしても答えたくない場合を除いて、出来るだけ教えて下さい。
なぜなら施術をするポイント・原因を探っていく上での大切な情報が、ほとんどの場合その中にひそんで います。
それがあなたの良くなりたい姿に、一歩でも早く辿りつくためのヒントになります。


4.検査

●整形外科テストというカラダを動かして行う検査方法
●カラダを動かして痛みの状態・可動域を確認する
●触診して筋肉の状態を確認する

など問診でお伺いする以外にカラダを診て、施術するポイント・原因を 絞っていくための検査をします。



5.施術
・物理療法

物理療法と呼ばれる、熱や光・電気などの物理的な刺激をカラダに加えていきます。
表面の筋肉を傷めずに、カラダの深い所にある筋肉をアプローチできることや、過度に緊張した筋肉を 手だけで無理やりほぐすより、温めたりリラックスさせてからカラダの調整をしていく方がより高い治療効果が出ると考え、物理療法というものを取り入れています。
初めて受ける方は刺激に慣れていませんので、その方に合わせた強さをゆ~っくり探っていきます。


 ・手技療法

凝り固まっている筋肉を手でゆるめる、関節の動きをよくする、背骨・骨盤の調整をするなど、筋肉や関節・骨格にアプローチしていきます。
無理に動かすことや無駄にボキボキと矯正することはしませんので、筋肉のほぐしなどはイタ気持ちイイ~という気分を味わってリラックスしてください。「気持ちよくて寝ちゃった~」という言葉が出ちゃうのに、カラダはしっかり治療されています。
筋肉の状態によってはイタ気持ちイイ以上の痛みを感じることもありますが、不快に感じるようであれば遠慮なく言ってください。≪我慢すれば効く≫というのは間違いです。


6.施術後の説明
施術が終わったら、あなたのカラダの状態を説明していきます。
施術をする前のカラダの状態、その痛みはどうして起こったのか、今後はどのようにしていくとよいのか。
また、今後気をつけて欲しいこと、ご自宅でのセルフケアの方法などをお話ししていきますが、ご自分でも気になったことがあればドンドン聞いてください。
自らが積極的に治そう!という気持ちが感じられると、こちらも100%の やる気が120%以上に上がります(笑)


7.お見送り
本日はこれで終了です。
通院の目安を提案しますので、ご自分のカラダと相談して決めてください。ご予約は電話でも承っていますが、帰りに次回のご予約をしていかれると「電話するの忘れちゃった!」という、うっかりを防止できます。

それではお気をつけてお帰りください♪